専門店でベッドを買う時には大きさに気を付けましょう

ベッドを購入するときにはマットレスの堅さや寝具の柔らかさに注目するのも良いですが、大きさにもこだわることが睡眠の質をあげるためには大切です。サイズはメーカーによっても異なるため通信販売などを利用する前に1度は実物を専門店などで確かめることをおすすめします。同じシングルのサイズでもものによっては10cmも差がでることがあります。大きさによってはカバーなどが手に入りにくいこともあるので注意して下さい。 専門店を利用すれば実際の寝心地を確かめることはもちろん使い方にあったサイズ選びの相談も可能です。実際の寸法を確認すればよりここちの良いものを選ぶことが出来ます。どうしても通販のみで購入したい場合はサイズ名だけではなく実際のベッドの寸法に注目して選ぶようにしましょう。

サイズは実際の寸法を参考にしましょう

ベットの長さはどの大きさのものでもおよそ195cmぐらいが一般的です。横幅によって呼称が変わり、シングル・ダブル・クイーン・キングなどが有名ですがものによってはワイドやセミといった名前がつく場合もあります。たとえばセミシングルの場合にはSSサイズと称されることもあり寸法90cmほどのシングルよりせまい80cmほどのものとなっています。 セミとついた場合には10cmほど幅が狭く、ワイドとついた場合には10cmほど広いと考えると良いでしょう。メーカーによっては同じサイズ名であっても差が10cmほど変わってくることがあるのでサイズ名だけではなく実際の寸法を見て購入することをおすすめします。デザインによっても多少差がでてくるので専門店で実物をみて購入することが失敗しないためのコツとなっています。

大きさは目的にあわせて決めましょう

ベッドのサイズは目的にあわせて決めることをおすすめします。ワンルームや寝室が狭い場合にはセミシングルが幅が狭いのでおすすめです。このタイプは小柄な方やお子様にも向いたタイプとなっています。 逆に一人でもゆったりとした寝心地が欲しいと思っているのならセミダブルがおすすめです。ダブルという名前がついていますが体格のいい人や大の字で寝たい方向けのシングル用のサイズと考えた方が良いでしょう。赤ちゃんの添い寝をするのにも良いサイズとなっています。 大人二人がゆったり寝られる寸法が欲しいときにはクイーンサイズが良いでしょう。クイーンサイズはマットレスが二つに分かれているものもあるので相手に寝返りの振動を伝えたくないと思っている方にもおすすめです。目的に合わせて大きさを選んでみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加