ベッドの専門店に行ってアンティーク調のものを

1日のうち約3分の1から4分の1近くが睡眠時間です。質の良い睡眠をとることができるかできないかで、次の日の体調が大きく変わることも少なくありません。質の良い睡眠にとって重要な役割を担っているのが寝具です。たとえばベッド専門店に行けば、様々な種類のものが販売されています。見た目は同じように見えても、価格はピンからキリまであります。この価格の違いはどこにあるのでしょうか。大きな違いは耐久性や寝心地の良さ、ブランドなどがあります。まず高額なものはマットレスがしっかり作られているので耐久性が非常に高いものが多いです。マットレスは体重がかかる部分からへたってきます。へたってくると寝心地が急激に悪くなります。しかし、高級なものは10年以上使っても問題がないものが多いです。

スプリングの種類と性能の違いとは

高級ベッドに使用されるマットレスは耐久性が高い上に寝心地も非常に良いものです。朝起きたときの目覚めがとてもよく、質の良い睡眠ができていることがわかることでしょう。スプリングにはボンネルコイルスプリングとポケットコイルスプリングがあります。ボンネルコイルスプリングの特徴はスプリングが連結されており、面で体を支えます。これに対してポケットコイルスプリングは一つずつのスプリングが独立しているため体を点で支えます。どちらが良いのかは好みの問題で、ポケットコイルスプリングのほうが柔らかい傾向があります。どちらのスプリングを採用していても、高品質なスプリングは眠っているときの体の姿勢が不自然な恰好になりません。専門店で実際に体を横たえてみるとよいでしょう。

フレームにも拘りをもって選ぼう

また、ベッドはフレームのデザイン性や機能性も大切です。モダンなデザインのものを選ぶと部屋に高級感や落ち着きを与えてくれます。カラーは木のぬくもりを感じさせるライトブラウン系からシックなダークブラウン系、明るいホワイトやベージュも人気です。また機能性に拘ったフレーム選びもおすすめです。たとえば、収納スペースがあれば大変便利ですし、ライト付きの棚があると目覚まし時計やスマートホン、本などを置くことができて便利です。フレームとマットレスはセットで購入しなければならないわけではなく、ばらばらに別のメーカーのものを選ぶのも手です。フレームとマットレスを合わせて安いものだと2~3万円で購入可能ですが、耐久性や寝心地の良さを考慮すると10万円以上のものがおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加